×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

CALENDER

HOME»  ドイツ製 リヒトミューレ (ラジオメーター)

商品一覧

並び順:

【リヒトミューレの仕組み】

仕組みについて

ヒカリをあびて、ガラスの中の小さな羽根がクルクル回る不思議なオブジェ「リヒトミューレ」。その回転している羽をよく観察してみると、表と裏で色が違っていることに気付きます。この羽根に光が当たると「銀色の面」よりも「黒い面」がより多くの光(赤外線/放射熱)を吸収して熱を持ち、周りの空気分子を活性化させます。こうして羽の裏と表で空気分子の運動量に「差」が生じることにより、回転運動が生じるという仕組みです。この現象は「ラジオメーター効果」と呼ばれ、イギリスの物理学者・科学者ウィリアム・クルックス(1832-1919年)により発見されたと言われています。

仕組みについて

この回転運動のスピードは、光の種類や強さによって変化します。蛍光灯やLEDのような赤外線の少ない光源よりも、太陽光や白熱灯、ロウソクの灯など、赤外線を多く含む光源ほど回転は良好です。出窓などの明るい場所に飾り、インテリアやリラックスアイテムとして、日差しとともに変化する回転をお楽しみください。ひとつでも充分に楽しめますが、大きさや色の異なるものをいくつか並べて楽しむのもまた格別です。

手作りであるため、ひとつひとつの製品は、その大きさや形、色合い、気泡の入り方、回転の速さに少しずつ違いがあります。製造工程の中で小さな窯傷のようなものが付いたり、ガラスにザラつきが出ることがあります。また、羽を黒くするために付けられた煤(すす)が剥がれ落ちたり、塵(ちり)となってガラスの内側に付着することがありますが、これらの現象は不良ではなく、製品の個性や特性としてご理解くださいますようお願い申し上げます。

取扱上のご注意

取扱上のご注意
  • 安全でスムーズな回転を楽しむため、安定した水平な場所に設置してください。
  • デリケートな製品ですのでお取り扱いには充分に注意し、お子様やペットの触れる場所や風に煽られる様な場所への設置はお控えください。
  • 多くのガラス製品と同様に、硬いものにぶつけたり、転倒や落下など強い衝撃を与えると破損する恐れがございます。破損した場合は、割れたガラスや部品などによるケガに十分にご注意ください。
  • ガラス内の空気が熱で膨張した状態で破損した場合には、割れたガラスが広く飛散することがあり、思わぬケガにつながる可能性がございますので、設置場所や設置後の環境につきましては十分にご注意・ご配慮くださいますようお願い申し上げます。